代謝を高めるて健康体【美容にも効果的な魔法の酵素】

早期の対応

女性の腹

健康診断で肝機能障害と診断される人は多くいます。しかし肝機能障害は初期の段階では症状がほとんどありません。その為、軽く考えてしまう人もいるでしょう。肝臓は脂肪等の消化吸収を助ける働きをしたり、アルコールや薬、老廃物を分解する働きをしています。これらの働きが悪くなると徐々に体の不調が起こります。症状が進行し肝硬変の状態になると肝臓の働きが停止してしまう為、肝性脳症等の重篤な症状が起こります。そうならない為にも肝機能障害と診断されたら早期からの対応が重要となります。 肝硬変や肝炎はインターフェロンと呼ばれる薬剤の投与を受けるのが一般的です。しかし静脈注射の為、定期的に通院する必要が生じます。近年、経口治療薬が登場した事で肝機能障害の治療に1石を投じています。

肝機能障害が初期の場合、食事療法と運動療法が行われます。しかし肝機能障害のタイプにより治療方法は大きく異なります。まずは、自分の肝機能障害のタイプを知る事から始めましょう。 慢性肝炎はウィルスによる感染が原因となります。その為、食事療法が主となります。バランスの取れた栄養と安静が必要です。それとは対照的に脂肪肝の場合は食事制限と運動療法を行います。余分な脂質を制限し、体内の脂肪を燃焼させる事が不可欠となります。これらの治療は自宅で行いますが、具体的な運動や食事の指導は通院先に所属する管理栄養士や理学療法士から受ける事が出来ます。また、市町村でも健康教室等を開催している場合もありますので活用してみましょう。

注目の記事