アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メッセージカード

電報は、現在、主に祝電と弔電で利用されていることが多いようです。
過去、電話がなかった時代では、緊急の手紙として利用されていることもありましたが、現在では、携帯電話なども普及し、手紙としての役割は少なくなったと言えそうです。
祝電は、結婚式などのお祝い事の際に、慶びの気持ちを伝えるものです。
また弔電は、亡くなった方の葬儀等に向けてお悔やみの言葉を伝えるものです。
電話局へ電話やファックスなどで手配します。
あらかじめ定型文が用意されていますので、状況にあった文面を選ぶだけで良いと言えます。
注意したいのは、誤字や脱字で、相手先の住所や名前は間違えると失礼になりますので、気をつけた方が良さそうです。
金額に応じて、様々なデザインの電報があります。
素材も紙だけでなく、押し花を施したものや、漆の表紙になっているもの、祝電では、可愛らしいぬいぐるみの電報もあるようです。
電報など送っても相手は見ないのではないか、と思う方もいるかもしれません。
しかし、気のきいた電報が手元に届けば嬉しいですし、相手の気遣いが有難くも感じられます。
手配等が面倒ではありますが、だからこそ、大切な方には電報で気持ちを伝えることも大事なのかもしれません。
特に、式などに出席できない場合などは、電報を送っておいた方が相手への心象を損なわずに済むとも言えそうです。
そういう意味では、電報は相手への気遣いを感じさせる大変便利なツールとも言えるでしょう。

オススメリンク

リボンのカード

様々なお祝いごとに対応して

日本で初めて電報が使われるようになったのは明治に入ってからです。当時は通信の手段としてはモールス信号が使われて […]Read more
花とカード

種類と利用する機会について

電報というと結婚式や入学式、卒業式の祝電とお悔やみがあった場合の弔電を思い浮かべますが、お誕生日や長寿のお祝い […]Read more

関連リンク